貸事務所を六本木で利用する際に重視した方が良いポイント

六本木という場所で起業をお考えの方に、貸事務所の探し方のポイントや手順についてお伝えします。六本木といえば、都内のなかでも屈指の繁華街です。外資系金融機関やグローバルIT企業など、多くの企業が構えられているオフィス街としても知られています。六本木にそういった企業が集まるわけは、六本木ヒルズに多くのグローバル企業が誘致されたことにはじまり、人やお金、もの、情報などが集まる場所であるからです。交通面においても山手線の主要部あたりに位置しており、さまざまなアクセス方法が可能で、便利です。起業を考えるならこのような夢のある街に構えてみたいと思うものです。そんな六本木で貸事務所を借りるなら、まず地元に密着している不動産屋さんを複数選びます。地元に詳しい不動産屋さんなら情報量も多く、地域の特性についても詳しいので、効率よく情報を得ることができます。

六本木で貸事務所を探す際に気にしておきたいポイント

来客の少ないビジネスであれば、人気のオフィス街を離れて、駅からも少し離れた場所を選ぶなどして、賃料を抑えるという手もあります。しかし、日本では事務所の所在地、つまり住所でその企業の実力を知るといった風習が、まだまだ根強くあります。六本木という一等地に貸事務所を借りていれば、それだけで大きな信用を得られる場合もあります。スタートの場所として六本木は理想的な街でもあります。また、地域にどのような業種の企業が多いか、関連する企業がどのくらいあるかなどを知っておくことは、起業後の運営にも関わる点であり、企業同士のネットワークを利用することができますので、より多くの情報を知っておくほうがよいです。さらには、借りる事務所の造りにも着目しておきましょう。建物の耐震性や非常時のライフライン、備蓄品の確保スペースがあるかどうかも大切です。

六本木で貸事務所を探す見落としがちなポイント

六本木の不動産屋さんから紹介された貸事務所をどう比較し、検討するか、そのポイントはほかにもあります。見落としがちなのは、オフィスの顔にもなるエントランスや共用部の状態です。管理が行き届いているかどうかは、共用部を見れば一目瞭然です。清掃が行き届いているか、ゴミの集積場は整っているか、廊下の幅やエントランス、エレベーターホールの広さ、保守点検なども確認しておく必要があります。事務所の中だけにとらわれず、利用する場所すべてをチェックしておきましょう。また、空調設備においてもオフィスの電気代の半分をしめる部分であるため、見過ごすことはできません。ビル全体の空調を管理するセントラル空調なのか、事務所ごとの個別空調なのかによって、電気代や使い勝手に違いがありますので、気を配っておきたいです。